自営業が審査に通りやすい住宅ローン

自営業が住宅ローンを借りる方法
GE Moneyの住宅ローン
人気の住宅ローン フラット35 比較
住宅ローンの基礎知識
サブメニュー
お勧めリンク
■契約の必要書類

住宅ローンの契約時には、大きく分けて、本人確認書類・物件に関する書類・収入と資金の使途に関する書類の3種が必要です。

1. 本人確認書類
運転免許証のコピー、パスポートのコピー、写真付の住民基本台帳カード、外国人登録証明書のうちのどれか一つ)と、健康保険証のコピー、印鑑証明書2通、住民票2通が必要です。収入の合算者がいる場合には、その合算者の分の書類も必要です。融資内容によって、追加書類の提出を求められることがあります。

2. 物件に関する書類
   すべての物件に対して必要なのは、不動産売買契約書、重要事項説明書、物件のパンフレットと販売価格表、住宅地図、土地の公図、建物図面と間取図です。新築or中古、一戸建てorマンションのどの住宅を買うのかによって、他に建物の不動産登記簿謄本、土地の不動産登記簿謄本、地積測量図、建築確認通知書または建物確認済書、建築物検査済証が必要になります。契約の条件などによって個々に細かく分かれており、書類が必要だったりいらなかったりいろいろなので、詳しくは契約時にしっかりと確認してください。

3. 収入や資金の使途に関する書類
申込者の職業によって別れています。どの職業の人も、現在借り入れ中のローンの返済予定表写しかまたはローン返済をしていることを証明できる書類が必要になる可能性があるので準備しておきましょう。

給与所得者は、直近1期分の源泉徴収表と課税証明書または住民税決定通知書が必要です。法人経営者はこれらの2期分が必要です。

経営者は個人or法人どちらも2期分の確定申告書と納税証明書が必要です。法人経営者はさらに法人決算報告書一式も必要です。

このように、こちらの書類もどんな人にどんな書類が必要なのかが細かく分かれています。また、融資の条件によって上記の書類意外にも追加で書類を提出しなければならない場合もありますので、契約時に確認してください。

Copyrightc 2008 jieigyousyagaloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。