自営業が審査に通りやすい住宅ローン

自営業が住宅ローンを借りる方法
GE Moneyの住宅ローン
人気の住宅ローン フラット35 比較
住宅ローンの基礎知識
サブメニュー
お勧めリンク
■住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査に通るためには、事前にいろいろな書類を準備しなくてはなりません。これはかなり面倒で、時間もかかります。その時間と労力を無駄にしないためにも、審査の傾向と対策をしっかり立てておきましょう。借り手自身の返済能力のほかに、これから購入する住宅も審査の対象となりますので、物件もしっかり選んでくださいね。

住宅ローンの審査基準で大きなポイントを占めるのは、返済比率と担保掛目です。

● 返済比率
返済比率とは、「年収」に対する「住宅ローンの年間返済額」と「その他(自動車ローンや教育ローンなど)の年間返済額」を足した金額の割合(%)を指します。

計算式は以下のようになります。
(住宅ローン年間返済額+その他のローン年間返済額)÷年収

一般的な銀行の場合、返済比率が35%以内なら、審査に通ります。金融機関によっては40〜45%まで認められるところもあります。変動金利や固定金利選択型で借りる場合は、「審査金利」と呼ばれる金利(3%〜4%くらい)で計算されます。 

銀行はこの返済比率を確認することで、金利が上昇しても住宅ローンの返済をちゃんとできるかどうかを判断しているわけです。

●担保掛目
担保掛目とは、「マイホームの購入価格(マイホームの価値)」に対する「住宅ローン借入希望額」の割合(%)です。
計算式は以下のようになります。

住宅ローン借入希望額÷マイホームの購入価格

担保掛目が100%ということは、頭金がなしということです。審査基準は担保掛目80%(頭金を20%払わないといけない)という住宅ローンもあれば、100%までOKというものもあり、様々です。

Copyrightc 2008 jieigyousyagaloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。