自営業が審査に通りやすい住宅ローン

自営業が住宅ローンを借りる方法
GE Moneyの住宅ローン
人気の住宅ローン フラット35 比較
住宅ローンの基礎知識
サブメニュー
お勧めリンク
■自営業者はどのくらい借りられるのか

自営業者に対する住宅ローンの審査は一般的に厳しくなります。他に、派遣社員や契約社員、経営者、個人事業主も同様です。雇用形態の多様化に伴い、最近は比較的ゆるやかになりつつありますが、まだまだ厳しいのが実情です。

では一体、自営業者ではどれくらい借りられるのでしょうか。

サラリーマンや公務員なら、1年間の所得の35%以内に年間の住宅ローン返済額が収まる金額(これを「返済比率35%」と言います)を借りられますが、自営業者の場合は20%くらいになってしまうことが多いようです。

また、事業関連の借金や自動車ローンなど他の借金があると、それも含んだ返済比率の計算となりますので、借りられる金額はさらに減ります。

自営業者が住宅ローンを借りるためにとるべき事前対策は、他の借金をすべて完済し、所得申告の額を上げ、頭金を少しでも多く払えるように計画的にお金をためておくことです。また、年金は必ず納めてください社会的信頼につながります。

そんな、自営業者にとって苦しい住宅ローン事情の中でおすすめなのが、GE Moneyの住宅ローンです。

自営業者や女性、転職して間もない人など、他の銀行系住宅ローンでは審査に通りにくい人たちでも、状況を考慮してローンを組めるようになっていて、審査も早いです。さらに、仮審査1日や保障料無料、資格やTOEICの点数による金利優遇など、他にはないサービスもあり、これは大きな魅力です。

借入可能額は10万円単位で100万円〜2億円。最大で物件価格の100%まで融資可能(つまり頭金なし)という点も見逃せません。

借り入れ可能年数は40年までですが、固定金利期間が最大で10年までとなっていて、返済額によっては繰り上げ返済手数料が高くなる点には注意が必要ですが、魅力的なサービス内容を見ると、検討する価値は大いにあると思います。

Copyrightc 2008 jieigyousyagaloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。