自営業が審査に通りやすい住宅ローン

自営業が住宅ローンを借りる方法
GE Moneyの住宅ローン
人気の住宅ローン フラット35 比較
住宅ローンの基礎知識
サブメニュー
お勧めリンク
■住宅購入にかかる税金

住宅を買うと、国税と地方税がかかってきます。具体的には以下のようなものがあります。

● 国税
印紙税…不動産売買やローン契約書を作成するときに必要になります。平成21年3月31日までは、売買契約と工事請負契約書については軽減措置があります。
登録免許税…購入した土地や家屋の登記をするときにかかってくる税金です。新築と中古で税率が違います。条件を満たす住宅については軽減措置があります。ただしこれも平成21年3月31日までです。
消費税…土地には非課税です。

● 地方税
不動産取得税…土地建物という不動産を手に入れるとかかってくる税金です。購入した不動産の価格(課税標準額=一般的には固定資産税評価額)に税率(4%)をかけた金額です。新築or中古、築年数などによって、税率軽減または控除が適用されます。

建築または購入時にローンを利用した場合には、住宅ローン控除を受けられます。これは、住宅ローンを利用して住宅を新築したり購入した場合に、所得税から一定の金額が控除されるという制度です。

平成19年分以降は税制の改革により、新たに「住宅ローン控除の特例」が創設され、住宅ローン控除を受ける年数を選択できるようになりました。19年までは控除期間は10年と決まっていましたが、控除額の合計は変えずに、15年に延ばすことも出来るようになりました。所得が比較的低い人は15年を選択したほうがお得です。

Copyrightc 2008 jieigyousyagaloan.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。